私は、某カー用品店ではたらいていました。でも怒られてばっかりで、全然おもしろくありませんでした。何度も転職を考えました。

そこでお店のノルマ式がはじまっまのです。そのノルマも今思えば酷いやり方でした。例えば雨の日にまだ、タイヤの溝が残っているのに、タイヤの交換を進めたりだとか、それにウンザリして転職することに決めました。

父親の知り合いの建築の仕事でした。ほぼ常に二人(もう一人の職人さん)と仕事をすることになったのです。そしてそのもう一人の職人さんは(以後Bさん)は私の父の後輩でもありました。

最初はきを使ってか、全く何も言わないBさんに一度「ボーッとすらな!なしか知ろ」と、言われそこで私にも火が付きました。

その日は昼休みも返上して私だけ仕事をしました。それからもちょこちょこ怒こられたんですが耐えました。そのBさん、父親が言うには一番口が悪いとのことでした。しかし、自分が変わって行くのに気付きました。

俺もやればできるんだなと。そして今まで自分に甘えていた事。転職しなかったら私は何も変わらなかったでしょう。私は上京することになったんですがBさんに「お前ならどこでも通用するよ」でした。