転職の現実

非正規労働者の転職、その現実

非正規労働者が4割に達する日本社会。よくいわれる、「一度非正規になったら抜け出せない」ということについて、実際のところはどうだと思われますか?アベノミクスの恩恵があったかどうかは断定できませんが、ここ数年の転職市場は求人数が増加し、いわゆる売り手市場になりつつあります。

第二新卒など、若手にとっては以前より再挑戦社会として環境改善してきています。しかし、就職氷河期に社会に出た、現在の30代後半から40代にかけての非正規労働者にとっては様相が全く異なります。売り手市場どころか蟻地獄にはまったかのような、抜け出せず、蝕まれるままの状況に変わりありません。

正規職員の募集がないにも関わらず、同じポジションの派遣は常に募集している。長期間実直に勤めても、正規登用がない(制度すらない)。

非正規の職歴で面接すらしてもらえない。これが、現実です。目の前の生活のために、やむなくまた派遣の職に就くか、正規雇用を諦めて慎ましく暮らすか。この2択を受け入れるしかないのです。

大手でなく、地元中小企業に目を向けてみても、専門スキルの乏しい人には見向きされず、求人があっても足元を見られているかのような低賃金を提示されます。このような人々が唯一希望を持っているのが、「同一労働・同一賃金」の政策の策定です。

しかし、日本特有の終身雇用制度の根幹を揺るがす恐れがあるため、実際に施行されるとしても数年のうちにはとても期待できません。施行されたとき、今の非正規労働者の年齢はいくつになっているのでしょう?

苦しい転職活動ですが、派遣に甘んじるということは、企業に甘い蜜を吸わせ続けることに他なりません。納得がいく、もしくは諦めがつくまでは転職活動を精一杯やり切りましょう。必死で、前向きに取り組むことが、就業経験を補って余る経験になるはずです。(そう、自分に言い聞かせる毎日です。)

転職への一歩

今の仕事より、もっと良い環境があるんじゃないか、そんなことを誰もが一度は思うでしょう、私もその一人です。仕事での失敗や上司からの嫌味、安い賃金不当な扱うこんなことが毎日起こるわけではありませんが、起きるたびに転職したいな…と思っては消えてきます。

消えていくは理由は転職への不安があるからです、同じ職種ならば今いる職場と結局のところ違わないのではないか、リスクを冒してまで転職したところで今より劣悪になるのではないか、その結果仕事を失ってしまったらと…

転職を決めるとなるにはかなりの勇気と決断力がいると思います。薬剤師である私の後押しとなったのは薬剤師専門の転職エージェントからの後押しでした。転職エージェントでは薬キャリの評判が良かったので、迷いながらも相談してみたのが良かったようです。転職においてまず妥協したのはお給料です、もっとも一番大事な所だと思うかもしれません、ですが結果として妥協して良かったなと素直に思います。

私が重視したのは職場環境でした、自分は誰のために働いているのか他人のために働く人生とはと精神的に落ち詰められていた時期でしたので、「定時に帰れる」ということを一番重視しました。いざ転職をして定時に帰れる環境になると心にゆとりを持てるようになり、前の職場では手が付かなかった趣味や副業などにも楽しんで取り組んでいけるようになったので結果としてお給料も増えていたりします。

もし迷っている方がいるならまずは一歩、転職へと踏み出してみるといいかもしれません、踏み出した足を下げてしまってもいいのです、その過程がきっと大事ですからね。結果どちらに転んだとしても自分のためになるのですから。